声に出す英会話

この記事をシェアする

リスニングの聞き方

英語のリスニング能力がないと思っている方には考え方から見直してみてください。
英文章を聞いて全部を理解しようと思っているのではありませんか?
今、なんていったのかな?という聞き方ではだめです。

リスニングとは英語のアクセントとリズム、音になれることなのです。
聞きなれないものを理解しようという方が無理でしょう。

ですから、聞きなれるためにリスニングをするのです。
するとだんだんとペースになれてきますし、何を言っているのかわかるようになります。

まずは、じっくり聞くことから始めてみてください。
音やアクセント、リズムやイントネーションが聞き分けられるようになるころにはきっと貴方も英会話ができるようになっているはずです。

とにかく話す

日本人が英会話が上達しない理由として大きな理由はひとつ。
それは、間違えることを恥ずかしいと思って英会話を口にしないことです。
何事も体験が一番覚えるものです。
旅先でもかまいません。
友人や知人との連絡でもかまいません。
覚えたての英単語を並べてみて会話をしてみることです。

自分の伝えたいことが伝わっていれば、その時点で英会話が成立しています。
もし、伝わらなかったらどこがわからなかったか聞いてみましょう。
それにより、自分の苦手な点もわかるし実用的な英会話が身につくのです。
間違えることは恥ずかしいことじゃありません。
自分の成長への第一歩なのです。
実際に話してみて傾向と対策をあぶりだしてみましょう。
すぐに、つかえる英会話が身につきます。