忙しい人のための英会話

この記事をシェアする

英単語を覚えよう

英会話の勉強法としてあるのが、1日1回プラス法です。
1日ひとつ覚える、2日目はひとつプラスして2こ覚える、3日目は3こと1日過ぎることに1つ覚えるものを増やしていく方法です。
英会話で重要なのは単語です。
ちゃんとした文法より相手に伝わる単語を言えるかが英会話では大事です。
ですから、英会話で集中的に勉強すべきことは単語の数です。

いかに単語を覚えられるかで英会話ができるかが変わってくるのです。
極端に言えばペンが欲しければ「pen」とだけ覚えてあとはジェスチャーでもいいわけです。
ただし、「pen」だけは覚えておかないと相手に自分がなにが欲しいと言っているかは伝わらないわけです。
ですから、勉強時に集中して覚えるのは英単語なのです。

なにをどれくらい覚えたらいいのか

ただ英単語を覚えるのは膨大で大変です。
では、何をどれくらい覚えればよいのでしょうか?

それは、自分が使うかなと思ったジャンルを100個覚えることです。
多少偏っていてもかまいません。
とにかく、自分が使うであろうと思った英単語は覚えるのです。
100個覚えるという根拠は語学学者が25個英単語を覚えると英語の3分の1を覚えたことになるという見解を出しているのです。
25語で3分の1なら残り3分の2は50個覚えれればいいだけですよね。
でも、ここではあくまで英単語のみの話なんです。
文法などの細かいことを覚えていないことから残り25個英単語を覚えることでそのウイークポイントをカバーするのです。
覚えることが多いと思いますが逆にいえばそれさえ覚えてしまえば大丈夫ということです。