英単語を100個覚える

日々、仕事や時間に追われている社会人の皆さんのなかでスキルアップのために英会話を勉強してみようという人もいると思います。
英会話は覚えたいけれど時間がない、面倒な勉強法はやりたくないとお思いですよね。
今回は時間がない中でも覚えられる英会話の勉強法をご紹介します。

社会人の皆さんはそういえば学生の時に英語を勉強したなという記憶があると思います。
ですが、学生の時勉強したのは英語なんです。
英会話とは似て非なるものなのです。

学生の時と同じ勉強法じゃいけないの?どうやって勉強したらいいの?って疑問に思いますよね。

一番時間短縮になる勉強法は範囲を絞って実際に喋ってみること。
勉強する範囲を使う、または喋れるようになりたい範囲をあらかじめ決めておくのです。
そうすることにより、勉強量も抑えられるけれど使える英語が覚えられます。
次は、実際に喋ること。
日本人は間違えることが恥ずかしいとなかなか行動にうつせない傾向があります。
ですが、見るより覚える、覚えるより、体験してみるのです。
身にしみたものはずっと覚えているものです。

旅行に行ったときでもいいです。
お店に入って飲み物を一つ注文してみましょう。
たどたどしい英語かもしれません。
でも、自分の望んだものが注文できた時、貴方はもう英会話ができているのです。
それだけでも嬉しくありませんか?
旅の恥はかき捨てなんて言葉もあります。
怖がらずに声に出してみること。
それが一番の英会話の勉強法です。

忙しい人のための英会話

英会話を覚えるにあたり最初にやるのは英単語を覚えることです。 英単語さえしっかりしていればあとは文章を組み立てるだけなのです。 ここで勉強する英単語は自分が使うであろう物だけを100個チョイスしてみてください。 それだけでも英会話の3分の1を覚えたことになります。

さらに覚えるもの

単語を覚えたら次は文法です。 ですが、学生時代にやったような細やかで面倒くさい文法はやりません。 最初から使いそうなものだけを覚えておくのです。 そうすることにより、勉強の幅もぐっと狭くなり時間にも心にも余裕が生まれます。 その他に使いまわしができる動詞も紹介しています。

声に出す英会話

一番効果的で日本人が英会話を覚えない理由と覚える理由をまとめています。 あらかた覚えたら次は英会話を体験することです。 声に出して初めて自分の意識が英会話に集中します。 恥ずかしがらずに声に出すこと。 そして、英語をよく聞くことが大事です。 まずは、英語になれましょう。